「ポケットWIFI」と呼ばれるものは…。

「ポケットWIFI」と呼ばれるものは…。

「ポケットWIFI」と呼ばれるものは…。

「ポケットWiFi」というのは、「ワイモバイルが提供するWiFiルーターのことを言っている」というのが正しいのですが、「どこにいてもネット環境を作り出してくれる端末全部を指す」と解した方がいいでしょう。
WiMAXモバイルルーターというのは、申込時に機種を選択でき、大概タダでもらうことができるはずです。ただし選択する機種を間違えてしまうと、「使おうと思っていたエリアでは利用不可だった」ということが結構あるようです。
現時点での4Gというのは正式な形での4Gの規格とは違うもので、日本の国では今のところ市場提供されていないモバイル通信サービスです。その4Gの正式な公開までの臨時的な手段として登場したのがLTEというわけです。
今の時点で売りに出されている様々なモバイルルーターの中で、公平な目で見て推奨できるのはズバリどれなのかを、そこまで通信関連には興味がないという方にも分かっていただく為に、ランキング形式でご紹介しようと思います。
「モバイルWiFiを買おうと思っているけど、高速モバイル通信で有名なWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供しているポケットWiFiのいずれにした方がお得か決めることができない。」と言われる方の役に立つように、双方を比較してご覧に入れたいと思います。

我が家の場合は、ネット回線用にWiMAXを使用するようにしています。不安だった回線速度に関しても、全くもってイライラ感に苛まれるようなことのない速度です。
ひと月の料金は言うまでもなく、回線速度とかキャッシュバックキャンペーンなども調べることが必要不可欠です。それらを加味して、このところ大好評のモバイルルーターを分かりやすくランキングにしました。
「ポケットWiFi」と呼ばれるものは、ソフトバンクのワイモバイルという通信ブランドが世に出しているモバイルWiFi用端末のことであって、本当のところ室内以外でもネットが利用できるモバイル端末のすべてを指すものじゃありません。
プロバイダーによって開きがありますが、キャッシュバックの金額自体はそこまで高いとは言い切れませんが、手続き自体を容易にしているプロバイダーもあります。その様な点も比較した上でチョイスすべきでしょう。
いずれのモバイルルーターにも3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限規定があります。ただ無謀な使い方をすることがなければ、3日で3GB分使用することはほとんどないので、そこまで頭を悩ます必要はありません。

「速度制限の有り・無し」、「データ容量」、「サービスエリア」、「料金」という4つの事項で比較検証しましたところ、誰が選択しても納得してしまうモバイルWiFiルーターは、たった1機種のみというのが実態でした。
WiMAXが使えるのか否かは、UQコミュニケーションズが一般人向けに掲載している「サービスエリアマップ」を利用すればわかります。住所での確認に関しては、「ピンポイントエリア判定」をやってみれば判定できるでしょう。
モバイルWiFiルーターというものは、契約年数と月々の料金、それから速度を比較してセレクトするのがポイントになります。重ねて使うと思われるシーンを考慮して、サービス提供エリアを把握しておくことも大切です。
モバイルWiFiを購入しようと考えているなら、1カ月毎の料金やキャッシュバック等々に関しましても、確実に把握した状態で決定しないと、近い将来必然的に後悔するでしょう。
WiMAXと言いますと、いつもキャッシュバックキャンペーンが人気を博しますが、近年は月額料金を安くできるキャンペーンも大人気です。


ホーム RSS購読 サイトマップ